食育を大切にする、認定こども園ぶどうの木竜ケ崎幼稚園の給食


安心の食材

 

 野菜や果物は朝に龍ケ崎の市場から仕入れていてとても新鮮です。お肉も国産のお肉を取り扱っている

地元のお肉屋さんから当日仕入れています。豚肉は朝にスライスしたり挽肉にしてもらっています。

鶏肉は料理に応じた大きさに給食室で丁寧に切っています。魚は千葉県の魚屋さんから配達してもらって

います。肉も魚も切るときは骨がないかを確認しながら切っています。

 お米は農協から仕入れています。精米したばかりのお米を配達してもらって、給食室の大きなガスのお釜で炊きます。ふっくらと美味しいごはん、子ども達も大好きです。

 パンも市内のパン屋さんから焼きたてを朝届けてもらっています。小麦の香りがとてもいいので、

子ども達にも好評です。卵アレルギー対応のパンも焼いてもらっています。市販のパンではできない事です。

 子ども達の口に入る食材は「安全で良いもの」をと思っています。


完全手作り、アレルギー対応の給食

 

 冷凍食品は使用していません。フライは全て給食室で衣をつけて揚げています。卵アレルギーの子に

対しては、卵を使わず衣をつけて別な油で揚げています。シチューも小麦粉、牛乳で作るので

牛乳アレルギーの子には豆乳で作ります。手作りだからこそできる対応食です。


園と家庭で「食育」

 

 園では子ども達が畑で野菜を育てて収穫したり、その野菜を食べたりと実際に体験を通じて食育をしたり、

給食の時間に本や食材を見せながら子ども達に話をして学ぶこともあります。


手作り味噌

 

 毎年2月に、給食で使う一年分の味噌を仕込みます。その際には毎年たくさんの保護者に協力していただいています。

たくさんの大豆とたくさんの麹と塩で、風味豊かな味噌はとてもおいしいです。


素朴で本物の給食

 

 みそ汁のだしは昆布、かつお節、煮干しからとっています。天然の旨味は本物の美味しさです。

大根を煮る時は、味がしみて美味しくなるように米のとぎ汁で下ゆでをしています。

 素朴なあたたかい給食を丁寧に作っています。お味噌も今年度の新しい味噌だけで作ったり、前年度の味噌と今年度の味噌を合わせて作ったり、今年度だけの味噌にして風味の違いを子ども達に味わってもらっています。


楽しい給食

 

 楽しく食べることはとても大切なことです。食べることが大好きなことはすくすくと心身ともに

発育していきます。給食室で実際調理していますので、子ども達は遊んでいる時に調理の際の香りを感じてくれます。給食スタッフと一緒に食べるので、誰がどこで作っているかも知っています。

当たり前の事ですが、手作り給食ならではです。子ども達は給食を楽しみにしてくれています。